« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

卒園式

昨日は 長男坊わっくんの 卒園式でした。
1才から通いだした保育園生活。最初の頃は 泣いてたけど、楽しい思い出がたくさんできました。
式では 感無量でしたが、涙を流す余裕はありませんでした。
りっちゃんが 退屈して ウロウロと 脱走!階段の 上り下り遊びを何度繰り返したことか・・・・。
だから式の半分は場外。ダンナは役員席。いい運動になりました。
いよいよ小学生。友達の半分は同じ小学校。中には市内の○○大学付属小学校に行く子もいたなぁ。
入学式晴れるといいなぁ〜

| | コメント (1)

2008年3月23日 (日)

びっくりしたさぁ〜その3

診察室に入ると、鼻髭が妙に目立つ若医師でした。
「どうしました?」と 何だか冷たーい 言い方・・・。説明し、とにかくいつもの状態ではないと 強調したのに、「ふ〜ん」だけ。 左腕をひねったり 曲げたりと 診てもらった時は 痛くて嫌がったけど、先生曰く、「治ってますよ。」
え!? とポカーンとしてる私に 「もう痛くないはず」と。
だってさっきまで 痛くて嫌がってたよ〜!
すると 先生は 象さんのぬいぐるみを りっちゃんの前に置きました。そしたら なんと 左手でガシッと 握りしめるではないかっ!
何がどうなって 治ったのか 分からないまま 礼を述べて帰りましたが、一応 肘の脱臼 という診断をいただきました・・・。
先生の冷たーい言い方に 最初は ムカムカしてたけど、たぶん腕を診てる時に治していただいたのでしょう・・・。ということに しとこう。
その3まで 引き伸ばしといて この終わり方。
オチがなくて スミマセン!
そうそう、 さっちゃんは 血が出てないから 怪我させたとは思ってないようです。
心配したのは 親だけのようでした。
その後のりっちゃんは 何事もなかったように 元気です!

| | コメント (1)

2008年3月 9日 (日)

びっくりしたさぁ〜その2

休日当番医まで 車で30分。 受付け係の方が「本日の担当医は 手の専門医になりますが」と。
打ってつけでございますとも!ぜひ お願いします!
待つこと40分。その間りっちゃんの様子は・・・。泣くことはないが、手は動かさず 触ると 痛い!と嫌がり やっぱり どうかなってるんだろうなぁ・・・と心配がつきません。

やっと診察です。
出し惜しみ してるわけじゃないのですが、携帯からの更新のため、長文ができませ〜ん!
また次回に続く。

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

びっくりしたさぁ〜その1

日曜の朝。仕事は休み。保育園も休み。
子供らは テレビに釘付け。のんびり洗濯物でも干そうかなぁ〜と思っていたら、りっちゃんの泣き声が。
またお兄ちゃんとケンカでもしたか?と思いながら 洗濯物干し続行。
いつもなら すぐ泣き止むはずなのに いつまでも泣いてる。
しかも「いたい〜」の声が・・・!
見に行くと さっちゃんが りっちゃんの周りをウロウロ・・・
りっちゃんは 左腕をだら〜ん・・・
「何した?」
(さ)「ボク ひっぱってないよ」⇒明らかにウソだと 言っている顔。
「ちゃんと 教えてくれないと 分からないよ」
(さ)「起こそうと思って ひっぱったら バキって いった」
血の気がひくってこのことかぁ〜!どうしよぉ〜!日曜当番医に整形外科あるかなぁ? ダンナは こんな時に限って仕事。義父は 今日は月命日で坊さんがくるから 忙しそうだし。
泣き続けるりっちゃん。兄ちゃんたち 連れて病院に行くのも大変だし・・・。とにかく ダンナに帰ってきてくれコール。
一時間後、 帰ってきたダンナに兄ちゃんたちを頼み、泣き疲れて寝てしまった りっちゃんを 病院へ。
♯ 携帯からの更新のため、この話の続きはまた次回に・・・。

| | コメント (2)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »